FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山周囲エリアの造成その3(道路橋の作成その3)

前回、橋台の作成まで終えましたので、今回は道路橋そのものの作成に入ります。


layout03501.jpg

まず、1mmのスチレンボードから土台となるものを切り出し、両端に歩道用として1mmのスチレンボードを貼り付けました。


layout03502.jpg

そして、グレインペイントで塗装。


layout03503.jpg

次に道路橋の裏側、橋桁の土台となる部分を1.2mmのプラバンから切り出して、


layout03504.jpg

道路の裏側部分に接着。
このサイズの方は、川の幅、長さと同一となるようにしてあります。


layout03505.jpg

このプラバン部分をアクリルのスカイグレイで塗装。
本当はスチレンボードに接着する前に、サーフェイサーなどで塗装しておくべきでした…。
ラッカー系の塗料だと、ふとしたきっかけでプラバン部分からはみ出てスチレンボードに触れちゃうと溶けてしまうので、仕方なくアクリル塗料で筆塗りという按配。
我ながら、この段取りの悪さに腹が立ちますw
しかも若干ムラができてしまいましたが、まぁほとんど見えないところですので、大きな問題にはならないでしょう、きっと。


layout03506.jpg

さらに、道路橋の側面部分に0.3mmのプラバンを貼り、同じくスカイグレイで塗装。


layout03507.jpg

そして、すでに作成した道路と同様に、歩道の横の縁石用として、1mm角棒に3mm刻みでスジボリを入れた上で、ミディアムグレイで塗装したものを、車道と歩道部分の段差部分に設置。

但し、貼り付けるのは橋の上までに留め、橋を越えた付近部分はとりあえず未設置のまま。
ここから先、橋を越えたところは交差点にする予定でいますので、交差点を作り込んだときに設置する予定です。


layout03508.jpg

また、0.3mmのプラバンから2mmほどの幅のものを切り出し、同じく3mm刻みでスジボリを入れた上で、ミディアムグレイで全体を塗装し、フラットブラックなどで墨入れしたものをスチレンボードに接着。
ただし、橋の上の部分には側溝というものは存在していないようですので(多分ですが…。とりあえず近所の橋には側溝はなかった)、橋の手前で留めました。

これで道路橋の道路面は一通り完成。


layout03509.jpg

次回はこの道路橋の桁部分などの詳細を詰めていきます。

<今回購入したもの>
なし

<これまでの投入コスト合計>
 \351,742-(今回:+\0)

<これまでの実作業時間>
 約17,490分(今回:+310分)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

akagamo_neo

Author:akagamo_neo
Nゲージのレイアウト作成を根気よく、継続して作業を進めてどうにか完成を目指す、また、自身の反省の記録も兼ねたブログ。
鉄道模型はもちろん、鉄道そのもの、そしてプラモ関連など全てにおいてズブのド素人ですので、とんちんかんで的外れなことや、「なーにをいまさら当たり前のことを」というような内容をしたり顔で書いている可能性大ですから、当ブログは基本的に参考にはなりませんです、たぶん。
そのほか、Nゲージ以外のことも余裕があったら書いていこうかなと。
ですが、更新は多くはありません。というか、できません。
ですので、暇なときに、なんとなーく書き散らしていこうかと思っていますw

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。