FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川の造成その3(鉄橋の作成その1)

橋台の次は鉄橋の作成に取り掛かります。

使用するのは、津川洋行の「デッキガーダー橋」というヤツ。

layout00501.jpg

選んだ理由は、既製品でカーブ鉄橋を作れる橋がこれしかなかった、ただそんだけ。

さて、このデッキガーダー橋の厚みは20mm近くあります。
一方で、川底までの高さはスタイロフォーム1枚分の30mm。
そう、そのまま単に川に架けたのでは、桁下が10mmほどしかありません。
別に増水しているわけでもないのだから、そこまでギリギリなのは違和感アリアリな気がします。

ということで、デッキガーダー橋の厚みを削っちゃうことにしました。

layout00502.jpg

刃を交換したアートナイフで約半分の厚さにカット。
ちょうど橋台と地表部分の高低差くらいの高さになるような厚みにしました。
デッキガーダー橋でこんなに橋桁が薄いのものが実在するのかは知りません。
もしかしたら強度的にマズイのかもしれませんけど、模型の場合はまったく問題はありません。
ということで構わず突き進みますw

これをカーブレールの角度と合わせるように組み込んでみます。

layout00503.jpg

そして、上面の断面部分には、0.3mmのプラバンを細く切り出して曲げたものを接着し、意匠を復元した上で、鉄橋に打ち込んであるリベットの再表現に取り掛かります。
約半分の厚みにカットしてしまったため、リベットの意匠部分が一部なくなってしまったので。
順番としては組み上げる前にやるべきところ、この段になって気がついてしまいました。

このリベットの表現については、いろいろ考えた挙句、木工用ボンドを点付けして表現することに。
瞬間接着剤でも試しては見たのですが、私のスキルでは、なかなか上手くいきませんでした(゚д゚)

layout00504.jpg

結果こんな感じ。
ところところ雑ですが塗装でごまかしますw

試しにレイアウト上に仮置きしてみます。

layout00505.jpg

とりあえず、桁下に対する違和感は感じないかな…。
うん、大丈夫でしょうきっと。

そんでもって塗装です。

何色にしようか考えましたが、元の色が赤系ですので、アクリルのハルレッドで塗装することにしました。

layout00506.jpg

うーん、最初にピンクとかで下塗りした方がよかったかな、思いのほか、暗めの色合いになってしまった。
また、再表現したリベットも正直なんだか分からなくなっている…。
まぁいいやw


と、こんな感じで筆塗り完了。

んでもって、ウォッシングとドライブラシを施します。

layout00507.jpg

ウォッシングは薄く溶いたエナメルブラックで。
元が暗い色合いなので、あまりやりすぎないよう、抑え目に留めました。

でも、やりすぎないよう気をつけていたのに、綿棒にエナメルの薄め液を付けて拭っていたら、下地のアクリルのハルレッドが一部剥がれてしまいました。
モノの本とかを見る限り、「アクリル系塗料の上にエナメル塗料を載せてウォッシングをすることは一応できる」と書いてあったけど、やっぱ下地はラッカー系で塗装した方がいいんだね。
ちょっと勉強になりました。

でも、ラッカー系って、臭いだけでなく、つや消し系の色が少ないので正直使いにくい…。

なお、ドライブラシは、タミヤのウェザリングマスターで適当にやってあります。


きっと後日再仕上げを施すでしょうけど、とりあえずこれで完成扱いにします。

試しに橋台に載っけてみました。

layout00508.jpg

layout00509.jpg

悪くは、ない、か、な…。


フレキを載っけるとこんな感じ。

layout00510.jpg

カーブの角度が小さいために、あまりカーブ鉄橋っぽくなくなってましたわwww

橋台への接着は川が完成してからということで。

<今回購入したもの>
・津川洋行 LA-95 デッキガーダー橋
 \545
・ダイソー 瞬間接着剤
 \105
・ミネシマ J-120 曲線ハサミ
 \504
・Mr.グルーアプリケーター
 \624
・タミヤカラー アクリルミニ XF-9 ハルレッド
 \125

<これまでの投入コスト合計>
 \215,129-(今回:+\1,903)

<これまでの実作業時間>
 約6,580分(今回:+240分)

テーマ : 鉄道模型
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

デッキガーダー橋

津川洋行の「デッキガーダー橋」、便利なものがあるんですね。知りませんでした。

瞬間接着剤ですが、ゼリータイプのものもあるようです。
先日、ダイソーで見かけました。

私は、アクリル系の塗料を塗った後、エナメル系の塗料を薄めて、ウォッシングしていますが、剥げた経験はないですね。

Re: デッキガーダー橋

oomoriさん

ゼリー状の瞬間接着剤という手もありましたね!
すっかり忘れてた。
安価で量も豊富、そして何よりも点付けに失敗してもやり直しが楽なため、木工用ボンドで済ませてしまいましたが、今のところ状態に問題はなさそうです。
年単位で考えるとどうなるかわかりませんが…。


ウォッシングについては、エナメル薄め液をヒタヒタに漬した綿棒で強くこすりすぎただけなのかもしれません…。
この辺のさじ加減や方法は経験を重ねるしかなさそうですね。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

akagamo_neo

Author:akagamo_neo
Nゲージのレイアウト作成を根気よく、継続して作業を進めてどうにか完成を目指す、また、自身の反省の記録も兼ねたブログ。
鉄道模型はもちろん、鉄道そのもの、そしてプラモ関連など全てにおいてズブのド素人ですので、とんちんかんで的外れなことや、「なーにをいまさら当たり前のことを」というような内容をしたり顔で書いている可能性大ですから、当ブログは基本的に参考にはなりませんです、たぶん。
そのほか、Nゲージ以外のことも余裕があったら書いていこうかなと。
ですが、更新は多くはありません。というか、できません。
ですので、暇なときに、なんとなーく書き散らしていこうかと思っていますw

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。